大谷良太 詩「凍る地方から」を掲載しました。

川面。
天鵞絨ビロード。
嘆き。
見慣れたお前たちを俺は再び探している。

何か、新しいものを書けた気がしてと、原稿メールの末尾にありました。
わたしも何か、新しいものを覗き込んだ気がして、そわそわしています。(類)

ページの上部に戻る