INFORMATION

大谷良太新作「発見」を掲載しました。
白い粉の付いた餃子が生のまま/大量に大皿に並んでいる/フライパンをミンジュが強火で熱し始め

青木景子アーカイブ/詩「意味のあるもの」を掲載しました。
『詩とメルヘン』(サンリオ)1990年8月号掲載 [特集]青春をうたう 青木景子詩集「夏の

大谷良太 詩「午前五時」を掲載しました。
Wi-fiの通じない、パパのアパート。固定電話で、 流し込んで、君の濡れた日々を。 僕の耳

ENTRIES

GUESTS

ゲスト作品一覧

MEMBERS

GALLERY